×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

書籍市場 特選素材屋 ANA通販Astyle 美浜の散歩

裁判員制度関連本特集

もし裁判官に選ばれたら、 法律の基礎 疑問点・問題点 どう裁いてきたか 法廷ドラマ

もし裁判官に選ばれたら、どうすればいいの!?

価格に付きましてはリンク先で確認して下さい。
体験!裁判員
価格:1,050円(税込)

『その国語力で裁判員になれますか?』の続編。法廷審理の実録と模擬評議などをもとに、裁判員に必要な国語力とは何かを実践的に紹介。議論の苦手な日本人に贈る裁判員評議マニュアル。
脳から考える「感情と刑事裁判」
価格:777円(税込)

パワーポイントや写真・動画を使用した法廷のプレゼンは、“認知的死角”だらけ。マインドコントロール法廷にしないために、裁判員制度の盲点を、最新の脳科学の知見と綿密な取材から明らかにする。
なりたくない人のための裁判員入門
価格:777円(税込)

裁判員制度で一生のうちに裁判員に選ばれる確率は、65人に1人と案外高い。裁判の歴史から、刑事裁判の基本原則、裁判員の役割まで、Xデーを迎える前に知っておくべきことを法教育のカリスマがやさしく説く。
裁判員ハンドブック
裁判員制度を研究する会 土本武司

価格:1,365円(税込)

色々な不安や疑問にやさしく解答。突然裁判員に選ばれてもあわてないで済む、親切編集のハンドブック。実践的な裁判員テクニックが、豊富な犯罪事例でやさしく学べる。事件シミュレーション付き。
図解よくわかる裁判員制度
白木達也 井上雄樹

価格:1,050円(税込)

いよいよ始まる裁判員制度。本書では裁判員制度はもとより、これまで教わってこなかった裁判のこと、犯罪のことも、図解とともにわかりやすく解説。報道でよく耳にする言葉も一瞬で理解できる。
裁判なるほど解説
山根祥利

価格:4,410円(税込)

なぜ、裁判員制度が行われるのか、裁判とは何かなど、裁判のしくみがわかる本。裁判のしくみ、刑事裁判のしくみ、いろいろな民事裁判、これからの裁判制度の4つに分けて、用語ごとにわかりやすく解説。
裁判員トレーニングブック
仲隆 内野真一

価格:1,000円(税込)

ある日突然裁判員に選ばれても困らないよう、裁判員としての知識を養うためのトレーニングブック。実際に起こった30の刑事事件を取り上げ、事件の概要、事件の背景、判決、および判決にいたるプロセスなどを解説。
裁判のしくみが面白いほどわかる本
伊東良徳

価格:1,260円(税込)

あなたもいつかは民事裁判の当事者に。裁判員に選ばれたら、刑事裁判の法廷に。民事と刑事の違いから裁判員制度まで、知っておきたい裁判のことについてわかりやすく解説。裁判が身近に感じられるようになる1冊。
ある日突然、裁判員に選ばれたら、どうする・どうなる
内海徹 長戸路政行

価格:1,680円(税込)

平成21年5月からスタートする裁判員制度。いつ裁判員になっても困らないよう必要な基本知識をわかりやすく解説。また、どうしても裁判員制度に参加したくない人はどうすればいいかも同時に探る。
裁判員がこの国のかたちを変える
渡部喬一法律事務所

価格:1,680円(税込)

いよいよ裁判員制度がスタートする。本書では、裁判員制度が誕生した時代背景に触れるとともに、裁判員の舞台となる刑事裁判のしくみから裁判員の仕事の中身まで、裁判員制度のことがよく理解できるように解説。
「裁く」ための練習帳
森炎 岡部敬史

価格:1,260円(税込)

極刑も想定される罪を裁かなくてはいけない裁判員制度。ゲームのように、マルチエンディングもリセットボタンもない、本物の裁判のために知っておきたい、裁判のルールと考え方を解説。裁判員時代の必読本。
裁判員になったらどうする!? icon
吉田繁實

価格:1,050円(税込)

平成21年5月21日から始まる裁判員制度。選ばれたら絶対やらなければならないのか、どんな基準で判断すればいいのか、判決を逆恨みされないか。裁判員制度について説明しながら、それらの疑問に答える1冊。
裁判員選ばれる前にこの1冊
森炎 岡部敬史

価格:1,260円(税込)

極刑も想定される罪を裁かなくてはいけない裁判員制度。ゲームのように、マルチエンディングもリセットボタンもない、本物の裁判のために知っておきたい、裁判のルールと考え方を解説。裁判員時代の必読本。
「裁判員」のことがよくわかる本
造事務所 小林剛

価格:1,470円(税込)

どうして自分が選ばれたの。どんな服を着ていけばいいの…。フツウの人のソボクな疑問をスッキリ解決。裁判員制度の仕組みや裁判の流れ、裁判員の仕事、心得などを、マンガや図解豊富に解説したガイド。
一目でわかる裁判員
森炎

価格:630円(税込)

ゲーム感覚、パズル感覚で知る、裁判員と刑事裁判のすべて。「市民の対応、全パターン」「裁判員のシミュレーション手帳」「刑事裁判パーフェクトガイド」の3部構成で、通知が来ても安心なように解説する。
裁判員ハンドブック

和久 峻三 山崎 浩一【著】

価格: ¥599 (税込)
誤信すると危険な正当防衛
ドライバーは必ず読むべし
法律の格言、名言
刑事責任能力がないと罰せられないか
親兄弟のものを盗んでも罰せられるか
おもしろ裁判シリーズ 心中由来判決
裁判員制度Q&A

▲ページ上部へ

法律の基礎知識を身につけよう
価格に付きましてはリンク先で確認して下さい。
罪と罰の事典
長嶺超輝 落合洋司

価格:1,890円(税込)

「〜罪」「〜法違反」といったことがどんな犯罪で、どう処罰されるのか、難しい概念をやさしく解きほぐしつつ、丁寧に解説。法律の世界に無理なく親しむことができる、犯罪と刑罰に関する基礎知識ハンドブック。
icon裁判おもしろことば学
大河原真美

価格:945円(税込)

法廷で飛び交うフシギでキミョーなことばたち。そのヘンテコな生態を観察するのは面白い。法廷用語をわかりやすく改善するための活動を行ってきた著者が、一般市民の感覚から遊離した法廷ことばの世界を紹介する。
icon裁判員のためのかみくだき刑法
森炎

価格:756円(税込)

ほぼ全ての国民が裁判員となって人を裁く可能性をもつ裁判員制度が、5月から始まる。いかに人を裁くべきか、その大原則となる「刑法」を、あまりにもわかりやすく実例豊富に解説した、裁判員制度時代の刑法入門書。
よくわかる法律用語辞典
東京弁護士会

価格:3,500円(税込)

法律事務所における基本的な日常業務で使用される用語から、各個別事件において専門的に使用されている法律用語まで幅広くピックアップし、わかりやすく解説。法律をより身近なものにするための1冊
刑事と民事
元榮太一郎

価格:756円(税込)

刑事と民事の違いは何か。また、民が国や地方を訴える行政裁判との違いは。法律の根本を押さえつつ、仕事・日常生活・人間関係のトラブルを、民事/刑事/行政の3つの法的責任の側面から解説する。
夢と希望と生活の中の法
喜成清重

価格:1,365円(税込)

一生をドラマ仕立てにして、長い人生の中で出会う法律問題にスポットを当て、中・高校生を中心に、教師や保護者とも一緒に学び考えるよう工夫された本。これからの長い人生を豊かに送るための1冊。
▲ページ上部へ

裁判員制度の疑問点・問題点を洗い出す

価格に付きましてはリンク先で確認して下さい。
裁判長!話が違うじゃないですか
池内ひろ美 大久保太郎

価格:777円(税込)

実施時期が間近に迫った今、次々と見えてきた“不都合な真実”。刑事司法が家庭に入り込んでくることの真実の姿と裁判員法の重大な憲法違反の数々を、家族問題の専門家と元東京高裁裁判長が余すところなく暴く。
陪審制の発展と意義
井上薫

価格:¥1,575 (税込)
市民により、市民の権利として勝ち取られ発展してきたアメリカの陪審制度の歴史を辿り日本の裁判員制度の意義を考える。

激突!裁判員制度
井上薫 門田隆将

価格:1,300円(税込)

あなたはどちらを支持するのか。裁判員制度に反対の立場である元裁判官と、「導入やむなし」の立場をとるジャーナリストが激突。裁判員制度について様々な角度から検討した対談集。裁判員も必読の書。
裁判員制度と知る権利
梓沢和幸 田島泰彦

価格:2,310円(税込)

知る権利が保障されない裁判員制度の内在的批判。法律専門家でない一般の人々に、平易に制度の概要を解説し、実践的対応を提言。同時に裁判の公開、知る権利の観点から見た裁判員制度の問題点も解明する。
アメリカ人弁護士が見た裁判員制度
コリン・P.A.ジョーンズ

価格:756円(税込)

裁判員制度は本当に国民のためのものなのか。よくよく制度の中身を見てみれば、数々の「謎」が出てくる。「普通の人」が参加する裁判の意味を、「陪審制度の国」の法律家が説く、ちょっとシゲキ的な裁判員制度論。
激論!「裁判員」問題
木村晋介

価格:777円(税込)

裁判員に選ばれたら、どんな事態が待っているのか。日本の裁判はどう変わるのか。開始目前で批判続出の裁判員制度を巡り、賛成派の弁護士と反対派の元裁判官が大激論。知らないと損する裁判員制度の真実を明かす。


重大事件を司法はどう裁いてきたか

価格に付きましてはリンク先で確認して下さい。
裁判官が見た光市母子殺害事件 icon
井上薫

価格:1,680円(税込)

「永山基準」「相場主義」「前例尊重」で死刑を忌避していた「司法の壁」は、なぜ崩壊したのか…。加害者側でも被害者側でもなく、冷静な第三者としての「裁判官の目」で、裁判当事者たちの詭弁の数々を鋭く見抜く。
たった一人で国・薬害裁判に勝つ
福田実

価格:1,785円(税込)

真実を明らかにし、子どもと大切な人を守った命懸けの10年間の闘い。コレステロール低下剤の重症副作用で倒れ、順風満帆な生活を奪われた男がたったひとりで裁判を起こし、勝訴を勝ち取るまでの渾身の記録。
秋田連続児童殺害事件
黒木 昭雄【著】
草思社
価格: ¥1,365 (税込)

「外傷なし」という虚偽。
捏造された転落現場。
早すぎる「事故死」の断定。
意図的に隠蔽されたとしか思えない
根拠を検証し、元警察官ジャーナリスト
が事件の恐るべき闇に迫る
模範小六法
判例六法編修委員会【編】
三省堂
価格: ¥2,730 (税込)
収録法令161件。
重要法令24件に判例要旨を
条文ごとに掲載。
1年間の重要判例を増補。
検索に便利な判例索引つき。

闘わなかった兵士、闘った法律家 icon
宮崎啓一 宮崎直樹

価格:1,575円(税込)

なぜ、最晩年に「新潟水俣病裁判の判決なんてクダラナイ」と、自らの裁判長としての足跡を否定する叫びを残したのか。少々型破りだった裁判官の回想とコラムなどから浮かび上がる、もうひとつの昭和の記憶。
最新重要判例250 刑法

価格: ¥2,625 (税込)
具体的事実への当てはめに必要な「基準」を判例から修得できるように工夫し、判例の理解に必要な解説をコンパクトに付した、法学部生・法科大学院生必読の判例集。



裁判傍聴記にみる法廷ドラマ

価格に付きましてはリンク先で確認して下さい。
トンデモ裁判傍聴レポート   icon
産業経済新聞社

価格:1,365円(税込)

フツーに生きていたら絶対知ることのないトンデモ事件が、法廷には毎日やってくる。目を見張り耳を疑う人間ドラマ、裁判官と被告が繰り広げる喜怒哀楽の裁判をレポート。裁判員になるかもしれない全ての人に贈る本。
B級裁判傍聴記
阿曽山大噴火 辛酸なめ子

価格:1,260円(税込)

裁判は面白い。人間は面白い。人生に必要なものが法廷にはすべて詰まっている。人知れず行われている小さな裁判を傍聴し、1冊にまとめた傍聴記。辛酸なめ子との対談「裁判員制度ってどうよ?」も収録。
気分はもう、裁判長
北尾トロ

価格:1,260円(税込)

身近で小さないざこざから、窃盗・詐欺・殺人に至るまで、法廷を覗けば、どんな事件にも人間ならではの底知れぬドラマがある。スリリングでエキサイティングな傍聴の世界へ、読者を招待する1冊。
被告の背中
東京新聞

価格:1,400円(税込)

間近に迫った「裁判員制度」の施行を前に、決して人ごとではない裁判のリアルな模様と、背後にある日本の現実があぶり出されてくる社会派ドキュメント。東京新聞連載「法廷ひと模様」に加筆した全31件の法廷録。

▲ページ上部へ